読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フルーツパフェ♪

茨城県日立市出身のフルーティスト、矢渡友実加です。

チャイコフスキー漬け

こんばんは♪

お盆が始まりましたね。今日の常磐道は半端じゃない渋滞でした!(一般道から見上げてビックリ!)

 

今日はおじいちゃまのお墓参りの後、シビックセンター音楽ホールにてチャイコフスキーのピアノコンチェルトの初合わせでした。

6月にエキストラで出演させていただいた楽団さんの後期定期演奏会に出演することになりその合わせでした。

 

後期の演奏会では、なななんと!私の尊敬+大好きな作曲家であるチャイコフスキーの大曲を2曲演奏することに!

 

そのうちの1曲がピアノコンチェルト第1番です。

素敵なソリスト様を迎えての初合わせ。

私自身も楽団さんと初合わせ。

コンチェルトはソリストとオケお互いにとってとても難しい曲です。

本番互いがどう絡み合ってどんな音楽を紡ぎ出すことが出来るのか、今からワクワクです♪

 

そんな本日の練習風景がこちら♪

 

f:id:yumika_fl1020:20160813232918j:image

 

シビックセンターのピアノは確かスタインウェイ

ホールの響きも申し分なく美しかったです。

 

ちなみにもう1曲はチャイコフスキー交響曲第5番

この曲は私にとってものすごく特別な1曲です。

 

大学1年生のオーケストラで、炎のコバケンこと小林研一郎さんの指揮で演奏した思い出の曲。

あのコバケンの心に訴えかけるような魂のこもったご指導は一生忘れません!

 

満員のお客様のもとミューザ川崎シンフォニーホールでドキドキしながら迎えた本番。

 

冒頭のクラリネットのソロでまさかの携帯の着信音が鳴ってしまい、「あ〜早く止まってくれ!着信音!」と思っていた矢先、演奏を中断したコバケン…緊張していただけにオーケストラ一同もビックリ。

 

「今、オーケストラはものすごく良い演奏をしていました。それだけに携帯の着信音が鳴ってしまったことで音楽が止まってしまったことは本当に残念です。どうかオーケストラが素晴らしい音楽が出来るように、今一度携帯の電源を確認してくださいね。」

 

とコバケンからコメントがあった後、もう一度冒頭から演奏が仕切り直された訳です…。

お陰で(?)程よい緊張感の中で50分間の最後を感動的な響きの中で終えることが出来ました。

 

それまでずっと吹奏楽に生きてきた私が、初めてオーケストラで「交響曲」に臨んだ本番。

 

そしてその曲を今度は「吹奏楽」で迎えます!

本番は11月ですが今から待ち遠しいです♪

 

ちなみに大学1年時のオケ譜とポケットスコアがこちら♪

f:id:yumika_fl1020:20160814002044j:image

ちゃっかりサインまでいただいてます笑

 

矢渡フルート教室

 http://yawatarifluteschool.crayonsite.net