フルーツパフェ♪

茨城県日立市出身のフルーティスト、矢渡友実加です。

2018年のスタートは、、

 

もう2月に突入してしまいましたが、あけましておめでとうございます🙇‍♀️笑

 

お正月が来たと思っていたのに、気づいたら2月になっていました!笑

年々月日が経つのが早くなっている気がする今日この頃です!

 

 

そんな2018年のスタートは昨年度から準備を進めてきた、日立シビックセンターの音楽アウトリーチ事業での演奏でした🎼

 

1/26に中小路小学校、2/1に宮田小学校に演奏に行ってきました🎵

 

f:id:yumika_fl1020:20180201225824j:image

 

f:id:yumika_fl1020:20180201225844j:image

 

中小路小学校では1〜3年生の低学年を対象に🎵

 

どの曲にもどんどん反応を示す子供たち!

それぞれの曲に対して色々な考えや意見が出て面白かったです。

自然と演奏と一緒に口ずさんでくれたり、手拍子を音楽に合わせて自然とリズムを変化させたりと、音楽を思い切り体で感じてくれているのが伝わってきました✨

 

f:id:yumika_fl1020:20180201230252j:image

 

f:id:yumika_fl1020:20180201230310j:image

 

宮田小学校では5年生を対象に🎵

 

実は宮田小学校は昨年度、非常勤講師として1年間を過ごした学校なのです!

 

まさかこんなに早く、演奏家として宮田小学校に戻って来られるとは思いもしなかったので、元気な子供たちや先生方の姿に感激しました😂✨

 

低学年とは雰囲気もガラっと違って、落ち着いた様子で音楽に耳を傾けてくれました。

ショッカー作曲のミートボールの曲では、面白い考えも出ました🍖笑

 

 

学校公演のプログラムを考える時、毎回どうしても先に頭に思い浮かべてしまうのが「子供たちに馴染みのある曲」でした。

その方が子供も嬉しいだろうし、楽しんでもらえるだろうなと。

 

けれども、自分がなぜフルートが好きなのか、どうして毎日毎日飽きもせずに練習してフルートを続けているのか、ずっとずっとおばあちゃんになっても吹いていたいと思うのか。

 

それはフルートで吹きたい曲がたくさんあって、特に自分の好きなメロディーを奏でているときは幸せな気持ちになれるから。

辛いときとか嫌なことがあっても、その曲たちを演奏していると気持ちが落ち着くから。

 

もしまたアウトリーチで演奏する機会があるなら、今度こそ自分のフルートに対する想いを表現できるプログラム作りをしたいと強く感じました。

 

 

そう考えさせてくれたシビックセンターや講師の児玉先生、ご一緒したアーティストの皆様には本当に感謝しています✨

 

 

f:id:yumika_fl1020:20180201231447j:image

 

f:id:yumika_fl1020:20180201231510j:image

 

f:id:yumika_fl1020:20180201231546j:image

 

 f:id:yumika_fl1020:20180201231608j:image

 

最後に、今回ご一緒したアーティストの皆様やいただいた給食の写真を🎵

 

 

 

 

矢渡フルート教室

http://yawatarifluteschool.crayonsite.net